2012年10月31日

佐藤焼酎



宮崎の延岡にいるサラのお友達に、焼酎を送ってもらいました。
「佐藤焼酎」っていう会社です。
代表作は真ん中の「蘭珠」っていう米焼酎です。
緑色の「銀の水」は麦、赤いのは栗で「KURIKA」と言います。

佐藤焼酎さんは延岡の酒蔵で、サラのお友達と最近、ご縁があったそうです。

どうして送ってもらったかというと、これを(佐藤焼酎に限らず、美味しいお酒を)楽しみにしておられる方がいらっしゃるからです。

サラは、基本、飲みません。
飲んだからどうこうってことじゃなくて、飲んでもおいしいと思わないからです。
でも、これがおいしいと思えたら、人生の楽しみはもっと増えるだろうなとは思います。
だから、美味しいなぁ~って言って飲んでくれると、一緒に楽しめるのでうれしくなります。

ところで、これを楽しみにしておられる方というのは、京藍友禅の橋詰清貫先生です。
11月4日に清貫先生のお宅へお邪魔するので、お土産なのです。

清貫先生は以前、Tree Topにもいらしていただいています。
薬師寺にも一緒に行きました。
その時、「今度来るときは、2時や3時に帰るっていうな。」って言われました。
たぶん、その時間から宴会が始まるからです。

この焼酎、稀少なんですって。
蘭珠には、「蘭珠 Years」って言うのもあって、そっちのほうはブランデーのような口当たりなんだそうですが、とりあえず標準的なラインナップをお持ちすることにします。

さて、宴会がどこまで盛り上がるか、お楽しみです。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:49Comments(0)

2012年10月30日

明日はハロウィン



明日は10月の終わり、ハロウィンです。
このオレンジ色、ハロウィンオレンジとも言いたくなるような色です。

オレンジって、赤と黄色でしょ?
サラはついつい五行で考えてしまいます。
赤は火の五行の色です。
で、黄色は土の五行の色です。

火は燃えて、灰になって、土を肥やす(と考えられています)ので、土の五行を応援するのです。

土の五行の当たるのは全部で4つあって、最初は丑、次に辰、そして未、戌と続きます。
それぞれ、1月、4月、7月、10月に充てられます。
2,3月は寅・卯で木性、5,6月は巳・午で火性、8,9月は申・酉で金性、11,12月は亥・子で水性です。
この春夏秋冬が移り変わる間に入るのが土用といって、土性なのです。
だから、他の干支は2つがペアなのだけど、土性の干支だけは4つが組になります。

どの季節も移り変わるにはいったん土を経なければ変われないのです。
で、風水では、土性を中央に持ってきます。
これは名前が変わって、騰蛇(とうじゃ)と勾陳(こうちん)と言います。
実は、2次元的にみると中央に位置するのだけど、3次元的にみるとピラミッド型のてっぺんにあたるのです。

この形を一筆書きで、必ず土を通るようにつなぐと 8 の形になり、メビウスの輪が出来上がるのです。
無限です。

だから、何?って話ですが…
ちょっととりとめもなく五行を語ってみました。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 19:00Comments(0)

2012年10月29日

満月



カレンダーでは明日が満月となっていますが、今日のお月さまもまんまるに見えます。
どうも、満月の日をはさんで3日間は「満月」と呼んでもいいのだそうで(と小耳にはさみました)。

風水では月と「ツキ」は同じジャンルに入れます。
五行では、火の五行に属して、陰の火は月、陽の火は太陽となります。
十二支をあてると、月は陰の火なので「巳」、太陽は陽の火なので「午」になります。

火は燃えて、燃え移って、形を変えて大きくもなるので、「願望」ともとらえて考えます。
すると、月は陰なので、潜在意識の願望、太陽は陽なので、顕在意識の願望となります。

潜在意識って、要は無意識なので、そもそも自分じゃよくわからないものです。
だって、意識に上らないのだから、つかみようがないです。
新月は、そんなわからない無意識の中の願望の芽なので、混沌そのものです。
それが、満月に向かってだんだん形ができて行って、満月のときが、意識に上らせるチャンスといわれます。

願望が意識に上れば、「ツキ」を呼べます。
だって、自分が何を望んでいるのか、自分ではっきりつかめるようになるんですから、あとは「引き寄せの法則」であろうが「セレンディピティー」であろうが、なんだって使って「願望成就」に近づけばいいのです。
願望が何かわからないまま、じゃぁ、手の出しようもないですけど…。

つまり、陰(見えないところ)から陽(見えるところ)に出てきたわけです。
さて、これを具現化するのは、真昼の太陽です。
朝、日の出の太陽からだんだん空高くなって、真昼の太陽で願望は形となって現れると考えます。

これは、おひさまのエネルギーをおへそ周りにある「丹田」と呼ばれるポイントに集めて、体中に(意識で)回すことで活性します。

なんでも実験、体験なので、今日、明日、明後日のうちに、ちょっと自分の潜在意識の中の願望(とやら)を意識に引っ張り出してみてください。
ちょっとぐらい失敗しても、また来月、満月は来ますから、とりあえず、何回かやってみたら、いろいろ気づきがあると思います。

ま、なんにしても順番がある、ってことです。

えー、お店とは関係なかったけど、帰り道で満月に気がついたので、書いてみました。

  

Posted by Tree Topの魔女たち at 17:58Comments(0)

2012年10月28日

昨日のTree Top



午前中は普通のお客様でばたばたしていました。
2時になって、約束していたサラのお客さんが来られました。

サラのお客さんって、今回は…もう2年位 事あるごとにご相談に見えられる方たちで、もともとは易鑑定でお越しになったのですが、以後、パワーストーンで運勢改善して、それがとっても効果があったので、口コミでお友達をお連れになり、そのお友達がまたご相談にお越しになり…というお客さんです。

昨日は、2人で見えられました。
問題があって、それをどうしたらいいのか自分でわからなくて、ご相談者はその問題を、占いに解決法を求めたらいいのか、話すことで解決できるのか、そこから相談したいっていう状態で来られます。
結果は、一人がお話、もう一人は易鑑定でした。
そういうケースって結構、多いです。

占いで鑑定するところまで、頭の中が整理されていないこともありますし、占いを使うまでもない問題のこともあります。

というわけで、お話ですっきりした方には、頭の中を片付けて、自分の望むものを手に入れられるようにするトレーニングをお勧めしました。

あと2人、相談に来たいっていうお友達がいるそうです。
「また、連れてきま~す!」って来た時とは別人のような顔色でにぎやかに帰って行かれました。

よかった、よかった。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:54Comments(0)

2012年10月27日

これがロミスティックです。



グァバの木なのだそうです。
結構、堅い木なので、ぐりぐりやっても折れません。
大きさがわからないので、ぷななの魔女に持ってもらいました。



本人は、化粧状態が気に入らず、顔は伏せておきたいというので、こんな画像になりました。

木の股が二か所ありますが、これを使い分けるのです。
もともと独りロミ用に開発(かなり昔に)されたものだそうですが、とっても凝りのひどい人にはこれを使ってあげると喜ばれるようです。

珍しいものは体験するのがサラの慣わしなので、さっそく首や腰、肩などを自分でグリグリやってみました。
他の木とどこが違うのかよくわかりませんが、この木はとてもいい感じです。
股の角度もばっちりだし、先端の丸みも肩のポイントに当たった時、その良さがわかります。

一見、シカの角のようなこのロミスティック、おうちに1本って言いたいくらい、放せません。
でも、結構なお値段するそうです。
なにしろ、ハワイアンが何日も森を探してゲットして、それを浄化して、云々と手間がかかり、何本もできるものではないらしく。

来週からは11月に入るので、アロハタロットが始まります。
ぷななの魔女のロミロミ体験もそれに伴って、若干 お値段が上がります。
それでも、500円が800円になるだけですが…。

よろしかったら、ロミ体験とアロハタロット(20分 2000円)しに来てください。
11月2日、16日、30日の13:00~ Tree Topです。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:28Comments(1)

2012年10月26日

ホ・オポノポノな午後はいかが?



ネイティブハワイアンに伝わる「神聖な知能と一体化する」癒しの秘法「ホ・オポノポノ」は、画像の4つの言葉を「ただ繰り返す」ことから始めます。
自分の中の神聖な存在に対して、この言葉を繰り返すことで、過去の記憶をクリーニングしてゼロの地点に立つことができるのだそうです。
ゼロの地点に立ち戻れれば、あらゆる問題は自然に解決され、自由で豊かな人生が返ってくると説かれます。

で、どうして今日の出だしがこれかといいますと、今日のTree Topはロミロミデー。
ぷななの魔女 anoが、ロミロミハンドマッサージをしてくれます。
晴れているので、たぶん、ロミスティックなるものも持ってくるのだろうと思われます。
なんか大きいんですって。
ロミスティックを使ってのロミロミは、関西じゃ彼女だけのようです。

もともとロミロミは、ハワイの神聖な儀式に使われていたもので、「揉む、ほぐす」といった意味をもつハワイ語です。
だから、カフナ(神官)は、このホ・オポノポノの実践し、癒しを施す依頼者にもホ・オポノポノを授けました。

もちろんぷななの魔女も、ホ・オポノポノの心を持ち合わせておりますよ。
ロミロミされながら、ホ・オポノポノも授かってください。



13:00~です。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 08:20Comments(0)

2012年10月25日

空を飛ぶ「スープ」



これは、映画「スープ」のプロモーション記事です。

森田健が、15年かけて取材した中国 山西省の「生まれ変わりの村」が原作となってできた映画です。
「この夏」とか書いてあるのは、7月7日にロードショー公開されたからです。

森田健は、あの世から生まれ変わるとき、この世とあの世の間にかかるナカハシという橋のたもとで、おばあさんがスープを配っていて、そのスープを飲むと前世を忘れる という証言を「生まれ変わりの村」の人たちから聞きました。
つまり、生まれ変わりの村で、この証言をした人たちは、みんなスープを回避した人たちなわけです。

この話を本にして出版したら、日本人からも生まれ変わりの証言が集まってきました。

「スープ」はそんな人たちの「あの世」に関する証言から生まれた映画なのです。

物語は、娘を残して死んでしまった父親が、どうしても娘に伝えたかったことがあって、その記憶を持ったまま、生まれ変わって娘に会いたいと思う気持ちで流れていきます。

今も全国の映画館で上映されていますが、残念なことに関西ではやってなくて、一番近いのが広島になります。
だけど、なんとJAL(国際線)に乗ったら、インフライトムービーとして上映されているようです。
実は、ANAも取りに行ったみたいですが、先にJALに取られていて、あえなくあきらめたのだそうです。

この話はスゴイと思います。
だって、スープの存在が一気に世界中に広まるじゃないですか。

もちろん、あの世でスープを飲むか飲まないかは、その存在を知ってからも選択できますが、選択できるということは、飲まない人も増えるわけで、前世を覚えたまま生まれ変わった人が増えれば、もうばかばかしくて戦争(冷戦や経済戦争も含んで)なんかしてられなくなります。
だって、戦う相手国は、かつて自分が生きた国、あるいは来世で生きる国、そして、肉親や大切な友人が生きた国、生きる国、生まれ変わっている国かもしれないのです。

私は個人的な興味から、次回はスープを飲まないことを選択します。
できれば、男に生まれてみたい。
女の記憶を持ったまま、男を体験して、で、その次も飲まないまま生まれて、女をやりたいのです。
女と男の世界観、どんなふうに世界が見えるのか、体験してみたいです。

12月21日にDVDが発売されるそうです。
マヤ歴でいわれる(といわれる)最終日。
まぁ、このあたりもちょっと森健らしいところですが。

サラはこの話を広めたくて、Tree Topにも映画のチラシを置いています。
本も出ているので、一度読んでみてください。
知っているのといないのとでは、来世が違うかもしれません。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:50Comments(0)

2012年10月24日

金運の話



NES開運力測定のこーたろーさんのお友達の話です。

彼女は現在、48歳。でも、見た目は30代に見えます。
昔、風俗嬢だったそうです。
今も、その頃 お客さんだった人に誘われて、御飯を食べに行ったりします。
ある日、お昼ごはんを一緒に食べながら、彼女はなんとなくグチを言ったそうです。
相手の男性は「ふん、ふん、ふ~ん」って聞いていたそうです。
そして、帰り際に「まぁ、これ、持って帰り」って茶封筒を渡されました。
「ありがとー!じゃぁねー!」とかいって、別れて、帰ってからその封筒の中身を見たら 100万円が帯付きで入っていたのだそうです。

そんな話をする時、彼女は「昔はね、カラオケに行って、いっしょに歌ったら500万円くれた人もおった。」とかフツーに言うのだそうです。

で、彼女はこれまでお金に困ったことはなくて、好きなものを買って、好きなように生活して(決して無駄遣いとかではありません)、7000万とか「貯まってしまって」いるのだそうです。

さて、ここで問題です。
私たちと彼女と、どこが違うのでしょうか?
今回の100万の対価としては、彼女が「一緒にご飯を食べた」ということで、風俗ではありません。
なぜ、彼女は一緒に御飯を食べることで100万円を得られるのでしょうか?

こーたろーさんとこのことについて考察しました。
結論は出ていません。
でも、たぶん、彼女が持っているお金の尺度がポイントじゃないかというところまでは行きました。

まず、それが私なら、連絡先のわかっている相手なので、帰ってからでもその金額を見たら、あわてて電話します。
「えっ!こんな額、もらえないわ」ってことです。
だけど、相手はわかって渡しているのですから、そこからいえば、もらっていいわけです。
なのに、どうしてもらえないと思うのか…私の頭の中で、「多すぎるっ!」が連呼されるからです。
なぜ、多すぎると判断するのでしょう?
相手の満足は満たされています。
だから、いわばお布施で、金額は相手が決めてOKなはずなのに、それを多すぎるだの少なすぎるだのどうしてもらう側が決めるのでしょう?

金運って、自分の頭で決めた金額で、入ってくるもののようですよ。
じゃぁ、どーしたらこの尺度が外れていくでしょうか…
もらい続ければ、外れるのはわかりますが、最初のOKはどこで出るのかしらね。
そのあたりが解明できると、お金は入りやすくなるのだと思います。
だから、考察を続けます!
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:27Comments(0)

2012年10月23日

ススキまつりの帰りに…

21日の日曜日は、神河町の砥峰高原でススキまつりがありました。
砥峰では、四季折々のお祭りがあります。
春は野焼き、夏は観月会、秋は一面のススキに囲まれてススキまつり…ノルウェーの森や平清盛のロケ地になったきれいなところです。
お友達のイベントやさんが担当しているので、サラはよくミュージシャンの手配を頼まれます。
今回は直接の手配ではありませんでしたが、MOTOさんとSeychellesが行きました。
山の上で、寒いかと思ったら、暑かったそうです。
Tree Topに来たのはもう6時近かったのですが、それで、アイスオーレとマンゴージュースの注文でした。

Tree Topに来たのは、11月10日に予定しているライブの打ち合わせのためでした。
だけど、そんなことは一瞬の話で、あとはいつものぐだぐだ話。
で、こんな写真を撮ったりして。

Seychelles 松田さんです。



これは比較的まともな写真。
Seychelles 卜部さんを撮ろうとすると、MOTOさんがいろいろプロデュースして、撮った画像がこれ。



どこかうらぶれた人生の悲哀を感じるショットにしあがりました。

で、肝心のMOTOさんの画像は、ボケました。



でも、ボケながら、うらちゃんに比べてさわやかに写っています。

このおっさん3人組、なんか仲がいいのです。
そして、ライブっていうと、あれこれ凝って遊ぶのです。

11月10日のライブも、ゲストを呼ぶそうです。
16:00~ ¥1500でかふぇごはん込。
疲れるまで遊ぶ魂胆らしいです。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 15:53Comments(0)

2012年10月22日

神様の声が聞こえるヒト



先日、お電話いただいて、昨日 お越しいただきました。
サトコさんといわれます。

小さい時からフツーにいろんなものが見えていたそうです。
フツーに見えるので、それはみんなにも見えるものだと思っていたけれど、そのうち「どうも違う」とわかってきたといわれます。
見えたり、わかったりしたことをそのまま言うと、周囲にひかれるので、あまり言わなくなったのですが、レイキと出会ってようやく、少しそんな世界の話ができるようになられたそうです。

でも、九州からこちらに引越してこられて、赤ちゃんも生まれて、子育てに時間を取られて、また 少しそんな話ができる場から遠ざかってしまって、と話しておられました。

神社へ行くと、そこの神様のメッセージが聞こえるのだそうです。
その時は何のことかわからなくても、書き留めておくと、後で「あ、このことだったのね」とわかることが多発して、今は、神社でなくてもそのメッセージを受けて、聞いた人に伝えることができるそうです。

まだ、それをどう形にしたらいいのか 整理ができなくて、サラと話に来られました。

まずは、できることからの一歩。
これからどんな形で表現していかれるのか、楽しみです。

う~ん、いろんな人がいるこの世の中。
面白いです。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 09:06Comments(0)

2012年10月20日

バリの隣のロンボクの話

サラはサーファーではありませんが、サーファーのお友達はいます。
彼は、年に数回、インドネシアへお客さんを連れてサーファーツァーに行きます。
だから、結構 インドネシア通です。
特に、彼がよく通っているロンボク島は、住民レベルで詳しいのです。
(ロンボク島は、バリ島の西隣にある島です)
その彼が先日、ロンボク島にあるオーガニックレストランの話をしてくれました。
「アシュタリ」という名前で、オーストラリア人の経営だそうです。
どんな感じかというと、こんな感じです。

 

ロンボクにもバリと同じ名前のクタというビーチがあって、アシュタリは山の上にあるので、そのクタビーチが一望できるロケーションです。

こちらは店内。



 

瞑想やヨガに使える小さな部屋もあるようです。



庭でハーブや有機野菜を育てて、レストランでそれを提供して、御飯がすんだらレストランの前のテラスからのんびりビーチを眺めて、夕暮れには瞑想の時間を持つ…憧れます。

ロンボクはまだまだバリほどには観光化されていなくて、素朴さがいっぱい残っているそうです。
近年の開発の波も、来ているには来ているそうですが、何分インドネシアのこと…のんびりと進んでいるようです。

サラのお友達はサーファーなので、海に近いところがいいようですが、サラ的には彼がいつかこんなところのオーナーになってくれないかなと願っています。
なぜって、その暁にはサラがいっぱい口を出せるから、です。
サラはとにかく人のもので遊びたいのです。(笑)

それに、サラが自分で持つなら、インドネシアよりタイだし。
あ、特に意味はありません。
ただのタイ好きなだけなので。

電話で話した話題でイメージが膨らみ、ちょっといい気分になったので、おすそわけです。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 12:25Comments(0)

2012年10月19日

ロミロミハンドマッサージでした。



ぷななの魔女anoが金曜日にプレゼントするワンコインロミロミです。
ハンドマッサージ、ヘッドマッサージを10分で体験してもらう企画なのですが、この方はお子さんを抱っこしてお疲れで、背中と腰がパンパンだったので、ハンドでもヘッドでもなくバックをロミロミしてました。

こちらはヘッドマッサージ。



専用コームで頭をとくようになでると、頭皮が柔軟になって、目がすっきり、ぱっちりします。
もちろん、指でもヘッドマッサージをするのですが、このコームを使うところがanoの秘儀なのです。

このあとにお越しになられた方も、肩と腰がパンパンだったので、ハンドはなしのバックマッサージ。
お連れの方は、肩と頭を癒しました。

ご主人を連れてきたい~って言われる方もいらしたので、そちらはまた土曜日とかにTree Topで「待ち合わせ」ってことで、ロミロミすることになりました。

なかなかの盛況ぶり。
てなわけで、今日は サラはヘッドマッサージを受ける時間がありませんでした。
残念。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:29Comments(0)

2012年10月18日

今日の夕空



自分じゃ写せなかったので、Facebookのお友達の画像を拝借しました。

今日の夕空は特別赤かったー!
5時頃、お店の窓から東の空をふと見たら、虹がかかっていて、しかもよく見るとそれはダブルでした。
そして、外に出て、国道の交差点から東の空を見ると、その虹は時々雲に隠れて切れながら、きれいな半円を描いていました。

その後、空の赤はどんどん濃くなっていって、もう映画の背景のようにすごい色に変わりました。
しかも、虹はさらにくっきりと浮かび上がって。

サラには、うまくいくといいなと思っていることがあり、それはこのところずっと思い続けていることなのです。
これは、外応。

問いを持った人に、宇宙は「偶然」の形を取ってその答えをくれます。
それを 外が応えると書いて、外応といいます。
同じものを見ても、問いを持っていない人にはそれは答えにならず、問いを持っていても物事をネガティブにとらえる人には それがネガティブな回答となってしまいます。

つまり、ポジティブな答えを見つけたもん勝ちってことです。
ただ、ポジティブな答えを受け取るには、心が中立でないと、せっかく出してくれている答えを見逃しますし、普段からネガティブになりがちな人は、ついついネガティブな反応をしてしまいがちです。

だからといって、むりやりがんばってポジティブになるのは、ずっと筋肉を緊張させているような窮屈さがあります。
できれば、心がジャッジを外れて、自然に豊かさを感じられるように、そしてまずいなと思うこともそれなりに受け取れる余裕をもてればいいなと思います。

明日はお天気になりそうです。

Tree Topでは13:00からロミロミハンドマッサージです。
癒されに来てください。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:16Comments(0)

2012年10月17日

なんだかいろんな情報が…



これは、アーユルヴェーダの薬草をサプリにしたものらしいです。
アメリカで作ったサプリなので、結構大きいです。
だけど、「アンチエイジング」って項目で特許を取っています。
サンプルで2粒もらって、1日1粒でいいっていうんで、試してみました。
なるほど、飲んだ日は足がむくみませんでした。
それで、すっと眠れました。
なんかね、80幾つかのおばあさんが1カ月飲んだら、20歳代の血液になったらしいんですよ。



こちらは、同じ会社のクリームです。
アンチエィジングって堂々と書いてあります。
これもサンプルをもらったので、顔半分だけ塗って試してみました。
塗ってすぐ(その日)ほっぺたがちょっとピンと張った感じ。
見た目にはなんとなくすっきりしてました。
今で2週間ほどになりますが、目の下のしわがかなりなくなりました。
ホウレイ線も塗ったほうが薄くなってます。

ふ~ん…いいかも。

これは、交感神経と副交感神経のバトンタッチがスムーズに行われる繊維で作ったウェアです。
ベネクスリカバリーウェアっていいます。



山伏のSおじちゃんの甥さんが開発にかかわったものらしいです。
スポーツ選手だと、スポーツをしていない時にこのウェアを着ることで、筋肉の疲労が劇的に回復して、いい成績につながるんですって。
スポーツ選手以外には、お医者さんとかパイロットとか介護を受ける人など、起きる時間と寝る時間が不規則な方の疲労をとるのにすごく有効のようです。
これが、面白いことに、対象は人間だけではなくて、ドッグランでいっぱい走ったわんこや競技で頑張ったお馬さんなんかにもいいっていうんで、そんなウェアもあるのです。

へぇ~。
これもいいかも。

で、こっちは、サイグン化学っていう会社のヴィスロックという製品です。



金属イオンの抗菌、消臭、殺菌剤です。
ゲル状のものと液体とがあって、これは液体の「イオンクリニック」という製品です。

これを吹きかけたマスクをしてると、花粉症にもいいみたいです。
部屋全体に吹き付けると、1年間は殺菌してくれるらしいし、爪水虫とかも治るらしいです。
介護時の尿臭とかもなくなるし、医療現場のバックヤードとかの感染防止にも有効みたい。

これも、へぇ~。
いいかも、いいかも。

あとは、iPhoneサイズのポータブル心電図計の話。
これは、無線で病院に情報が飛ぶので、リアルタイムで計測できるのだそうです。
しかも、線がないから、ただ持ってるだけでいいんですって。

これもまた、へぇ~。
サラはまだお世話にならなくてもいいけど、これも便利です。

なんかいろんな情報が集まってきます。
ああ、世の中は進化していってる。

で、要するに、こんな情報にご興味のある方がいらしたらご連絡くださいっていうことなのです。
それぞれ、マジで 必要な方にはお役に立つ情報だと思います。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 19:05Comments(0)

2012年10月15日

お誕生日のお茶会でした!



昨日は、江井ヶ島の壺中庵で茶道裏千家の伊原宗静先生のお誕生会でした。
先生とはとっても仲良しの魔女は、お友達をいっぱい連れて、お招きにあずかりました。

まずは、岡本ひでひとさんのライブ。
先生のお宅にある能舞台をステージにして、岡本さんのオリジナル「この地球(ほし)を想って」で始まりました。
「ふぅ~」っていうため息とともに「いい声やねぇ~」と聞こえてきます。
続いて、サラと岡本さんの合作「永遠の江井ヶ島」…
めっちゃ雰囲気のいいスタートでした。



このあとから、岡本さんの自己紹介ネタ、そのあとのトークで会場は爆笑。
このウケ方に、当事者の岡本さん本人が若干驚くほどのノリようでした。
ライブ終了後は、岡本さんが「たまたま」持って来ていたCDが飛ぶように売れて、新たに年齢の層のちょっと高い親衛隊が出来上がりました。

ライブの後は、お茶会。
お茶室でこぶ茶をいただいたあと、椅子に座って薄茶とお菓子をいただきました。



季節に合わせて、この日は菊がテーマのお道具。



お菓子も紅白でおめでたく。



私がお茶をいただいたお茶碗も紅白の水引で、お誕生日をお祝いするにはぴったりでした。

なんとも気持ちのいい一日でした。  

Posted by Tree Topの魔女たち at 14:35Comments(0)

2012年10月14日

秋のおまつりです。



大窪八幡宮の秋のおまつり、昨日と今日で開催されています。
昨日が宵宮だったので、サラの自宅前を12時(夜中の)ごろ通過していきました。
今日は、昼宮なのでお昼の12時に通って行きました。

なんだか、それがショーのようなのですが、お神輿を斜めにして、特別な掛け声をかけていました。



後ろはちょっと年輩の方、前は若者たち、お神輿を担がないで後ろをついてくるのも若者たちでした。

このお神輿、昔は大久保駅まで来ていたのです。
大久保駅の前でUターンしてお宮さんまで帰るのですが、今みたいに大きなバス道はなかったので、Tree Topのある商店街(もちろん、昔の商店街です)の中を往復したのです。
まぁ、その頃は、バスも商店街の中を通って、大久保駅まで行ってましたから(あの細い道、相互通行だったのですよぉ~)お神輿だって行けますよね。

まぁ、今じゃ考えられませんが、それほど世の中は平和だったし、車も人も今ほど多くはなかったのですよ。

今日は、午後からお茶の先生のお誕生日会にお招きいただいているので、Tree Topはお休みさせていただいてます。
明日はまた、その様子をお伝えいたしますね。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 12:08Comments(0)

2012年10月13日

こんな本を読みました。



この神様、ゆる~い感じでした。
説明すんの、めんどくさい…とかいうんです。

いや~、同感!って部分、いっぱいありました。
この本、結構、古いんです。
もう、15年くらい前に書かれたみたいです。
そのころに、よくこれが書けたなぁって思うくらい、イケてます。

だってね、その頃って、まだまだ西洋的な精神世界論がグイグイ行っていましたから、こうした道教的なゆる~い神様は前に出る順番が回ってこない雰囲気でしたから。

私も、西洋的な精神世界を経て今に至っています。
だから、ホント言いたいことがよくわかるのです。

今もあるかどうか、そのあたり不明ですが、よかったら読んでみてください。
「~しなければならない」的なことは一切書いてありません。
ぬるーいから、あまり手ごたえないかもしれませんが…。

さて、明日は、お茶の先生のお誕生会にお招きいただいているので、お店はお休みさせていただきます。
あさっては、平常通りあけますので、明日はごめんなさいです。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:11Comments(0)

2012年10月12日

カレンダー写真の撮影&ハロウィンライブでした!

今日は、午前中、ケーブルTVええやん明石のスタッフと 来年のカレンダー作成のための写真撮影でした。
大久保のエミュ写真スタジオに11時集合。

待ち時間の間に、こんな写真を撮りました。



なんともキリンさんが似合う画像。

肝心のカレンダー撮影は、こんな感じです。



もちろん、本物はプロがとっているので、こんなんじゃないですが。

撮影のあと、ワタナベフラワーのクマちゃんと3ショットです。
岡本さんは、とっとと着替えました。



着替えたのには、わけがあります。
13:00からTree Topでハロウィンライブだったからです。
サラより先にお店に行って、音響などセッティングする必要があります。

今日は、オリジナル中心で歌ってもらいました。
息子さんを亡くされて落ち込んでいたお母さんが、1年たってようやく自分のお誕生日のための歌を作ってほしいと思うようになり、岡本さんに依頼されたそうです。
その後、ご自分の誕生日には、やはり亡くなった息子さんを思う歌がいいと思われ、岡本さんにそれを伝えました。
その気持ちを受けて、岡本さんが作った歌が「伝えたかったこと」というタイトルの歌。
あえて、息子さんからお母さんへのメッセージを歌にしたとのことでした。
「笑顔でいてください。その笑顔で周りの人を幸せにしてください」というメッセージ…お母さんは、号泣だったそうです。



ちょっと久しぶりにサラも歌いました。



というわけで、今日も賑やかな1日でした!
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:36Comments(0)

2012年10月11日

明日は、ハロウィンライブです!



10月と言えば、ハロウィンです。
ハロウィンは、収穫を感謝することが起源の行事です。
豊かな実り…
この響き、魅力的です。

中国では、豚は金運を表します。
ぷくぷくと豊かさをイメージするからってこともありますが、豚とイノシシは中国では同じジャンルで、イノシシは、亥であらわし、五行では水に当たります。
で、これがまた水が財をあらわすのですよ。
東洋医学でも、風水でも(全部起源は易ですから)、気血財といって、エネルギーと血の流れと財運は同じと考えるのです。
気の流れの良い人は、血行もよくて、財運の流れもいいってことです。
つまり、血行が悪いと、エネルギーもお金も停滞するから、運が落ちるってことです。
まぁ、どれからでもいいから、回していくのがいいですよね。

岡本さんの歌声、副交感神経が喜んで、気(エネルギー)が回るようです。
ぜひ、お越しください。

金曜日、13:00~
ミュージックチャージは ¥1200
Tree Topで1オーダーお願いします。

ご予約は 078‐934-2815 Tree Topまで。
  

Posted by Tree Topの魔女たち at 11:16Comments(0)

2012年10月10日

たまたまですが、ご来店!



今日は、ごはんの魔女が所用でおやすみだったので、交替でサラがお店番をしていました。
なんだか朝から電話とお客様とでばたばたした一日でしたが、ランチタイムに県会議員の榎本和夫さんがお越しになりました。
「魔女のカレー、食べにきたでぇ~」というわけです。

サラのPCがつぶれて、データが全部消えて、画像も何も残っていないので、Tree Topのお友達ページを更新できなくて、画像を全部取り直す覚悟をしていたので、これはラッキー!
さっそく満面の笑顔をパチリです。

こうして、すこ~しずつ挽回していきます!  

Posted by Tree Topの魔女たち at 18:05Comments(0)