2012年12月12日

ハワイアンユニット オルオル 二度目の慰問



岡本ひでひとさんとぷななの魔女ano、そしてサラの3人でパタパタと組んだハワイアンユニット オルオルで、魚住町の野木病院 ディサービスの皆さんを慰問にいきました。

今回は、サラのオフィスで直前まで練習をしていたら、ちょっと遅刻しちゃいました。
それでも、皆さん、とっても楽しみに待っていただいたようで…

オルオルも、今回からanoが頑張って作ってくれたユニフォーム着用です。



岡本さんの歌が始まると、どこからともなく「うわぁ~」っていう歓声があがりました。

昔、バンドでギターを弾いていたというおじいちゃんは、普段、おうちから出たがらず、まるで口も利かないそうなのですが、岡本さんの手元をじーっとみて、みんなで歌うときには、歌詞を見ながらちゃんと声も出して歌っておられました。



フラが出た時には、2度目の歓声があがり、皆さん、手を叩いて乗ってくれました。
先月、anoがふりを教えた職員さんも前にでて、一緒に踊られて、この次は、ギター弾きのおじいちゃんにも、フラに参加してもらおうって話ながら、今日の訪問ライブを終えました。

後で、控室に来てくれた職員さんから、ライブが終わってからおばあちゃんたちが口々に「岡本さんの声、よかったわぁ~」ってメロメロやったんですよ~って聞かされて、岡本さんもちょっと照れ気味。

で、Tree Topでは、14日の金曜日 13:00~ 岡本ひでひと クリスマスライブです。
今年は、これでTree Topの岡本ライブは最後となります。
ぜひ、岡本さんの癒しの歌声 聞きに来てください。




Posted by Tree Topの魔女たち at 18:14│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。